FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

 訪問者

焙煎室

焙煎室に居るといろんな人が『のぞき』に来てくれます。
窓を”トントン”とノックして(来たよ!)を言ってくれる人
直接ドアをノックして『来たよ!』と言ってくれる人。

先日の訪問者は、某大学の教授で、以前からいろいろと楽しい
お話を聞かせてくださる、とても気の合うお客様。

(焙煎機も暖まったし、そろそろ焼こうか・・・)

と思っていると、ドアが スーッ・・・と開いて
『おった おった ここにおった。』と言い、最近よく一緒に
来店される友人をつれての『のぞき』であった。
その友人に
”ぜひこの小屋の中を見せてあげたかったのだ”と言う。
さんざんいろんな話をしてから、
『じゃあ 焼いてるところを見せてくれ』と言う。
コーヒーを焼く時は、やはりまだまだ 集中できる時じゃないと
焼くことができず、まわりに人のいる時には焼いたことがなかったのですが

『これを、こうして・・こうして・・・』と実際に焼きはじめると
『ほっほー・・・』と先生。
『ほな 行くわ!』と先生。
『・・・(これからなんだけど)』とボク。

この先生、先日車を運転している時に、道端に『鴨』が死んでいて
それをわざわざ引き返して、拾って帰ったのだと言う。
で、その鴨の死体の写真をボクに見せて、
『綺麗だろ。』と。
『まあ・・そうですね』

今回来店された時に
『あの時の鴨はどうしたんですか?』と聞くと
『喰ったよ』『うまかったぞー』と・・・。

『ハネは冷蔵庫に入れてある』と言う。
(羽根を冷蔵庫に?)と思い、話を続けていると
先生の言っている『ハネ』は『翼』のことで、翼ごと切断して
冷蔵保存しているのだ と言う。
『綺麗ぞー』と、また言った。

帰りに どろつき大根 を
『ほれっ』と言って置いて、いつものように
『また時間があったら研究室に遊びにおいでよ』と言ってくれる。

やっぱり 好きです。
スポンサーサイト
.27 2012 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ebisyama.blog.fc2.com/tb.php/17-2c250fc8

プロフィール

coffee & bakery mother's

Author:coffee & bakery mother's
珈琲の香りに心癒されるひととき。
落ち着いた雰囲気の店内で
くつろぎの時間をお楽しみください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。